寒の戻り。雨。

今日は、釣りに行かないですみました。

天候が悪いので。

こういう日もなければいけません。







主にアジング・メバリング等、ライトゲームフィッシングの企画・製作・販売を

している TICT (ティクト)さん。

エギング用品で有名な、林釣漁具製作所さんだったんですね。

高知県高知市梅ノ辻5-1

四国に住んでいながら今まで全然そのことに関して知りませんでした。

TICT (ティクト)のダート・ワインド用、ジグヘッドでダートジグヘッドというのが

あるんですが、他社とは違い、特別な形をしております。

もちろんまだ使った事はありません。


v


これとは別に、
ダーティンハリーというジグヘッドがありますが、


z

x
こちらは、ケロロにとっては、魅力的な重さがそろってます。

これ、なんだか、割ビシで自作できそうな形です。



c


割ビシの重さ【約】

 極小 ・・・0.20g
  小々 ・・・0.25g
  小  ・・・0.35g
●中  ・・・0.80g
●大  ・・・1.00g
●大々 ・・・1.35g
●特大 ・・・2.35g
●1号   ・・・3.75g
  1.5号・・・5.63g
 2号  ・・・7.50g
 3号  ・・・11.25g


上の、割ビシの丸印の重さアタリがいいのではないかと・・・

肝は、フックを挟む位置と、角度でしょう。

あと、挟み込むので、気に入らなければ、ヤスリで仕上げです。

作り方は、多くの人が作っているので、それを参考に・・・


で、


自作したかというと、








そんな、面倒くさいこと、するわけないです!



きょうは、いい加減な、無責任なジグヘッドの作り方を

紹介しました。


チャンチャン!



にほんブログ村

ソルトルアー ブログランキングへ
GyoNetBlog ランキングバナー

よろしければ応援おねがいします。


根魚・フラットフィッシュ・シーバス・青物 何でも釣れる!
★ケロロのお気に入りジグヘッド★