今日は、昼から雨ですね。

午前中に、サクッと何か釣っておきたいです。

メバル、カサゴ用のジグヘッドも、補充しておきたいんですが。

とりあえず、近くの漁港に、釣りに行きました。

風は、あまりないですが、風を背負って釣りの出来る、テトラに上がります。






一投目から釣れてくれます!

DSC01300

DSC01301

DSC01302

DSC01303

今日は、前回と違って、食い込みがいいね!

DSC01304

昨日は、忘年会だったんで、帰るのが遅かったので、今日はちょっと疲れてます。

サクサクと釣って、そこそこで帰宅しました。

もう少しすると、雨が来る雲行きです。


本日の釣果

●カサゴ・・・・・11匹



にほんブログ村


最近、テトラからの釣が多いですが、特に足元の装備は慎重にしてます。

ケロロの釣り方、ボトムのジグヘッドでのワインドの釣りで、テトラでやってはいけない事!


「深追い厳禁です!」


穴釣りや、オフセットフックのテキサスなら、穴に入れるのがセオリーですが、

ジグヘッドの釣では、それは厳禁です!

ケロロは、ジグヘッドを10メートルほど、沖に投げて、足元まで、ボトムのワインドで探ってきます。

沖は、砂地なので、根掛かりはしませんが、カサゴもいません。

途中に、捨石などの、障害物があれば、釣れる可能性はありますが。

大抵の場合、砂地とテトラの境あたりで釣れます。

テトラの崩れ等があれば、少し沖の方でも釣れますが。

ですので、テトラと砂地の間、2メートル近辺がポイントになります。

この間は、ジグヘッドのシャクリとフォールに特に気をつけてます。

ロッドはまあ感度がいいので、着底時、テトラに当たる感触があれば、

次の、シャクリは入れずに、即、回収です!

通常の、砂地の上でも、しゃくる前に、竿先で、少し底の状態を確認して、

次のアクションに入るようにしてます。

何かに引っかかったような、感じの時は、竿をあおって確認するようにしてます。

テトラ際では、小さくシェイクを入れて、ジグヘッドをあまり動かさないのも手です。


フックについては、使っているラインにたいして、引っ張ると伸びやすい、

細軸のフックを使ってます。

外れた後は、フックを直して、フックシャープナーで研磨は、定石。


ジグヘッドの釣りは、根掛かりが多いと思うでしょうが、釣り方で、根掛かりゼロって事もあります。

ジグヘッドの釣りは、とにかく、手前のテトラの中まで

深追いするのは厳禁!



にほんブログ村