BlueCurrent Ⅲ



w
e

フロート・キャロ・ジグを遠距離で繊細に操作可能なロングディスタンスモデル。
レングスを感じさせないシャープなキャストフィールで、驚異の飛距離を稼ぎ出します。
バットパワーを強化し、心地良い張りを持たせながら「曲げて獲る」感覚に磨きをかけており、ティップの繊細さと感度は一層研ぎ澄まされ、ロングディスタンスゲームにおいても微細な変化や違和感を逃さず、「掛ける」為の情報を常にアングラーへと送り続けます。
沖の藻場、潮流場において良型アジ・メバルの走りを受け止めて浮かせるバットパワーはシリーズ随一ながら、相反するティップの繊細さは魚に違和感を与えにくく、アタリを明確に拾い、適度な張りを持たせたベリーで瞬時に「掛ける」事ができます。
7~9cmのルアーを使用したプラッギングゲームや、20g迄のジグヘッドを使用し、スイミングで誘うロックフィッシュゲームまでカバーするパワーフィネスモデルです。





BlueCurrent 85/TZ NANO All-Range


r

t



q



Dreem Con Three 80MH


m

z


v



Dreem Con Three 81SF 椿


c


b




アピア レガシーSC ブルフォース 75MHT



q



旧モデルの、アピア レガシーSC ブルフォース 75MHTを

現在使ってますが、これっていわば、チヌロッド。

チヌロッドなら、ガシラやそこそこのアコウを掛けても何とかなるだろうと

買ったわけですが、テトラからの釣りがどうしても多くなる!

少しでも長い方がいいと思うが、長すぎてもどうかと・・・

2,3gのジグヘッドが扱えて、少々パワーのある、8フィート台のロッドが

ベストなように思うが、なかなか思ったロッドに触れる機会がない!




で、


今回、とある釣具店に立ち寄ったら、

上記、4種類の気になるロッドが、

振ってみろとばかりに、ロッドホルダーに立ててあった!

これぞとばかりに、4本、手に取って振ってみた・・・感想!


ブルーカレントのTZ、

最近使ってるワームDD8でおなじみの、

ドリームアップのロッド2本は、なんか今使ってる
レガシーSCと

振っただけの感じは、なんか似通った感じかな・・・


ドリームコンスリー 椿 81SFは、後から知ったのですが、

ソリッドティップのフロートやキャロを使用しての

遠距離アジング・メバリング専用設計ロッドだったんですね。

ドリームコンスリー 80MHは、自社のDD8専用ロッドみたいなもんだから、

流石に予想どうり、その辺のルアーをワインドさせやすそうな

良さそげな、ロッドに見えました。

ちなみにもう1種類ロッドカラーの物があると思ったら、

ドリームコンスリー 80MH レッドカスタム 限定モデルも出てたんですね。

ブルーカレント85TZも今使ってるロッドのロングバージョンくらいかな

としか思わなかった。

ただ、8.5Fあるので今のロッドよりテトラでは使いやすそうに思える。

最後にブルーカレントⅢ82は、軽さに驚いた!

どれも、80g台のロッドなのに振った感じは、

異常に軽く感じた。

2g.3g辺りのジグヘッドも操作感はよさそうである。

感度もなんかよさそう。

いつも使っている3g前後のジグヘッド+2インチワームや

5g前後のジグヘッド+2.5インチワームなんかは

サクサクとダートさせられそうであーる。


ただ、20gのリグまで投げられるようですが、

その辺はちょっと疑ってしまうような気がしましたが・・・


“ティップの繊細さは魚に違和感を与えにくく、アタリを明確に拾い、
適度な張りを持たせたベリーで瞬時に「掛ける」事ができます。”

ふむふむ。なるほど!

ここから、

心地良い張りを持たせながら「曲げて獲る」


「曲げて獲る」➡が➡「曲がって張り付かれる」に

ならないか、心配なのであります!


とりあえず、今回、1番気になったロッドは、

ブルーカレントⅢ82 

なのであります!


同じロッドを1年ほど使っていると、

ガッシー釣るにも、飽きてくるのであります!



下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村




ソルトルアーランキング